「京丹後縦断トレイル」好評!!
 2月14日の京都新聞朝刊に掲載されました。

京都新聞 2020_02_14

  京都新聞社 02月18日 18:11
「京丹後縦断トレイル」ウオークツアー人気でバス増便
  京都府京丹後市観光公社が企画した山陰海岸ジオパークエリアを歩くツアー「京丹後縦断トレイル」が、兵庫県姫路市のバス会社に採用されて人気を呼んでいる。1月末の販売開始からすでに約200人の申し込みがあり、増便が決まった。同公社は「ジオウオークの認知度が上がれば」と願う。
 地元のジオガイド団体から要請を受け、同公社が昨春から商品化してくれるバス会社を探したところ、姫路市の神姫バスツアーズが採用した。
 京丹後縦断トレイルはジオパークを中心に計84キロの行程を歩いて巡るツアー。1回あたり8~13キロほどの計8コース、4月から月に1行程ずつ実施する予定。
 ツアーではジオパークの多彩な自然や地形を見ながら地元ガイドから歴史や文化などの説明を聞く。丹後町の宇川加工所が作った地元食材の弁当の提供やウオーキング後の温泉での入浴が特徴という。  初回(4月)は経ケ岬から宇川温泉まで4時間かけて歩く。
5日間の実施で計200人がすでに申し込んでいるといい、企画した同公社の楠本和人商品開発部長(53)は「食材や温泉など京丹後ならではのものを提供するジオウオークにしていきたい」と話している。
【京都新聞社】